320ドル高は今年最大の上昇幅です

ニューヨーク・ダウが320ドルも上昇したのは驚きですが、
財政債務の上限問題が先送りになる話しがでたので、
来週辺りに買い戻すつもりでいた、
売り方が急いで買い戻したのではないかと思います。

ニューヨーク・ダウのチャートを見ると、
ボリンジャーバンドの-2シグマにはすでに到達しているようでしたが、
MACDがデッドクロスからゴールデンクロス、
つまりハッキリとした買いサインがでるまでには
もう少し時間がかかるかなと思っていた
矢先の320ドル高ですのでその点で、少し早い様な気もします。

先送りの話しが出ただけでまだ決まってもいないのに、
320ドルも上昇したので、今度は思ったように
交渉が進展しないとかいう理由で2、3日後には
また200ドルくらい下げてもおかしくない感じもします。

期限の17日までにしっかり解決すれば、
株価は目の前の雲が晴れたということで上昇しそうですが、
まだテクニカル的には半月ほど早いような気もしますので、
株が上がらないようにするための材料がクローズアップされそうな感じですが、
それが何にになるのかは分かりません。
材料が何もなければ、またイタリア問題などが蒸し返されそうで気になります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ